お客様からのご依頼を頂き、スタイリングアドバイスをさせて頂きました。
メンズライクなSTYLINGをされたい方は参考にしてみて下さい♪

【お客様 / 相談したい内容】
・メンズライクな着こなしがしたい
・靴は永く使える良い物のが欲しい
・アンティークなカラーバー(襟に止めるピン)をして、ネクタイを締めてみたい

【お客様のショッピングに生まれる悩み】
・イメージはあるが、どれが似合うのか、どんな組み合わせをすれば良いのか…選び方がわからない

【N style ENGINEER / Kさんへの洋服選びのポイント】
『ジャケット&タイ&パンツでメンズライクな演出』
上記の内容を踏まえて、
・素材感
・色使い
・サイズ
・トータルバランス

を大切にしてスタイリングさせて頂きました。

彼女の髪型からはボーイッシュなイメージも感じつつ、全体は女性らしい面がしっかりと伺えます。

スタイリングでは、あくまで女性らしさを残すために、メンズアイテムとレディースアイテムでバランスをとりました。

・ジャケット:ブルックス ブラザーズ
ジャケットはレディースらしい色合い、シルエット、秋冬の素材感を持つジャケットをチョイス。

意外と見落としがちな袖丈。実は、ジャケットの袖丈は調整(お直し)が出来ることをご存じでない方がまだまだいらっしゃいます。
袖丈は、トータルバランスにおける重要なポイントです。今回はシャツの袖丈と併せて、ジャケットの袖丈もお直しさせて頂きました。

シャツ、デニムパンツはメンズの雰囲気を感じさせるシルエット。
・シャツ:フリークスストア
・パンツ:リゾルト711

シューズは、どんなスタイルにも上品な雰囲気を演出するウイングチップを選択
・シューズ:church バーウッド

タイはストールのような雰囲気で軽い、柔らかな素材のアイテムを選びました。
・ネクタイ:タイユアタイ (セッテピエゲ)

ネクタイは「ただ絞めれば良い…」ではいけません。
ここでは、ビジネスとしての締め方ではなく、ファッショナブルにアレンジすることがポイントです。

※画像は、ご本人の許可を得て掲載させて頂いております。

「Kさんへのアドバイス」
いいものを永くお使い頂く為の各アイテムの取扱い、メンテナンス(ケア方法)と女性がメンズライクな着こなしをする際の注意点を
お伝えさせて頂きました。

N style ENGINEER からのメッセージ
装いはその人の素材(本質)が重要になってきます。その人の素材を把握出来ていないと、思い描くイメージと実際の着こなし方にズレが生じます。

着こなしは、”着たい服装が似合う服装”ではありません。
自身の本質を知り”似合う服装が着たい服装”となり、自分らしい着こなしへとなります。

そのために、私が似合う着こなしのご提案を致します。
後は、ご本人が”着たい服装”になるために楽しむことが、何よりも大切です。