皆さん、こんにちは。
2017年も残りわずか…

来年も新たな出会いが待っているのかと思うとわくわくしますね♪

今日は、先日12/19に開催されたイベント”manaviva Kikata”での装いを少しご紹介致します。

このイベントは、私を含む4名のスタイリストが始めた「服装の着方」をテーマにした内容で毎月第4火曜に納屋橋にある高山額縁店内のトワイロさんにて開催しています。

『何故、そのスタイルが必要なのか⁉︎』をテーマに洋服、服装のキカタに関わる学びと気付きの場
今回は、① 月例テーマ/ 他と差がつく、年末年始の服装について考えよう。 ②リクエストテーマ/ こんな彼の隣にはこんな彼女が、こんな彼女の隣にはこんな彼が良い!を考えるがテーマでした。

この時期は、パーティーやイベントごとが多くなる時期ですが…
『タキシードを買ったはいいが、ほとんど着る機会が無い…』
そう思ってクローゼットで眠っているフォーマルウェアはありませんか!?

私もその一人。

今回はタキシードの上着だけを使い、ジャケット&パンツスタイルで参加しました♪

そう、タキシードはカジュアルなアイテムにも実は着こなせるんです。

【着こなしポイント】
・フォーマル感の強いジャケットには、足下にもフォーマル感のでるシューズを選ぶ
・タキシードシャツはカジュアル感の出るオックスフォード生地をチョイス
・デニムパンツに合わせ、カジュアルで暖かみのある起毛素材のベストとソックスで統一感を演出
・ボウタイ(蝶ネクタイ)はフォーマル感を出しつつも、色柄のあるカジュアルなアイテムを選ぶ
・フォーマルとカジュアルのバランスが1:1になるようにバランスを考える。

そして、一番大切なことは…その場に合わせてコーディネートを考えることが重要です。
今回のイベントはパーティーのような雰囲気ですが、あまり気を遣わず気軽に楽しんで頂ける空間をご用意しました。
フォーマル過ぎず、でもカジュアルになりすぎないように皆様をお迎えすることを考え、このような装いになりました。

年末年始は、人とお会いする機会も多くなります。
まず装いは、「オシャレかそうではないかより」
『向かう場所とお会いする相手』のことを考え、相手に敬意を払った着こなしをしましょう。

それがオトナとしてのマナーです。

皆様、良い年末年始をお迎え下さい。